玄米と放射能について

長崎原爆の際には沢山の患者を救った秋月医師のよく知られたエピソードがあるので説明します。
1945年の8月9日に長崎に原爆が落とされました。
そして爆心地より1.8kmの場所にその頃聖フランシスコ病院医長だった秋月辰一郎博士、病院関係者は全員が被爆したのです。
博士はヤケドで痛がる人達に水を飲んではいけないと大きな声で伝えました。
多分直観として血液濃度を維持し血液を水で薄めないようにと考えたのだと言えます。
((注)実際に戦地においては傷の深く重傷の兵士には水を飲ませたら、すぐに死ぬといった記録が残っています)
そして博士は次のようにスタッフに伝えたのです。
「爆弾を受けた人に対しては塩だ、玄米飯に沢山塩をつけておにぎりを作れ。
塩辛い味噌汁を作って毎日食べさせ甘いモノは絶対に避けるように、砂糖は絶対に駄目だ」
(秋月辰一郎著「死の同心円−長崎被爆医師の記録」に記載されていて
レントゲンをした後で出る全身の倦怠感と頭痛といった症状は体験上、
生理食塩水よりさらに多めに塩を入れた水を摂取すると効果があることを思い出し、
原爆で浴びた放射能から体を守るには塩が効果があると考えたのです。

 

味噌汁の具は南瓜がいい、後からワカメの味噌汁も多く取るようになったということです。
砂糖を食べるなといったのは砂糖は血を造る細胞にとって
毒素となり塩のナトリウムイオンは血を造る細胞の活力になるといった彼自身の食養医学からの考えです。

 

そうしたら実際に患者の救助を行っていたスタッフからは原爆症の症状は出なかったと言われています。

 

通常なら段々原爆症の症状が発症し進行する筈が彼らはその後ずっと生き延びたのです。

 

1986年にはチェルノブイリ原発事故が起こりその際には秋月先生のレポート
『長崎原爆記』が英訳され西欧で読まれ
玄米、味噌が大量に出荷されたといった事実が残っています。

 

 

関連ページ

玄米・雑穀米の美味しい食べ方、工夫している事は?
玄米や雑穀米を食生活に取り入れている人に美味しい食べ方、どんな工夫をしているのか?直撃してみました
解毒効果のある玄米
新鮮で美味しく安心して食べれる野菜とお米を探してみました。産地直送の安全な有機野菜、お米、玄米を毎日食べています。お気に入りおすすめをご紹介します。
上手に食べる為に知っておきたい玄米の良いとこ、悪いとこ
新鮮で美味しく安心して食べれる野菜とお米を探してみました。産地直送の安全な有機野菜、お米、玄米を毎日食べています。お気に入りおすすめをご紹介します。