だしっこで、ほん○しを卒業しました

 

 

 

九州で作られている、「だしっこ」を使っています。

 

鰹節や煮干しでだしをとる、というのは一度もやったことはなく、できればやりたくありません。

 

しかし、子どもの健康、家族の健康にはやはり本物のだしの方がいいそうです。

 

特に最近摂取した方がいいとされているのは、
亜鉛などを始めとした魚からとれる栄養素だそうです。

 

それを充分にとっていると、骨も丈夫になり、
集中力も高くなり、イライラも抑えられていいことづくめだそうです。

 

通っている幼稚園の園長先生が共同購入してくださるので、
いつもお願いしています。

 

今まではほんだしで味噌汁を作っていましたが、
今はスプーン一杯ファサっとかけて味噌汁にしています。

 

少々魚の匂いはしますが、こんぶ、にぼし、いりこがそのまま粉になっているからです。

 

また、玉ねぎの皮を煮出した汁も使っています。お通じも良くなったし、
イライラも少し収まった気がします。

 

息子の骨も丈夫になるといいなと期待しています。

 

関連ページ

健康な暮らし 宅配サービスを利用
無農野菜、オーガニック食品を毎日の食事に取り入れている人に直撃。どのように取り入れていますか?
調味料や玄米からスタートしました。
無農野菜、オーガニック食品を毎日の食事に取り入れている人に直撃。どのように取り入れていますか?
有機食品を工夫しながら取り入れています
無農野菜、オーガニック食品を毎日の食事に取り入れている人に直撃。どのように取り入れていますか?
アレルギー体質の子供の朝食メニューとして活用
無農野菜、オーガニック食品を毎日の食事に取り入れている人に直撃。どのように取り入れていますか?